包茎手術の治療に必要な費用は?

包茎手術というのは、ペニスにかぶさった余計な包皮を取り去る手術のことです。
生まれたばかりの赤ちゃんのペニスの先は包皮で包まれていますが、成長に従って自然に亀頭の部分が露出して、大人になると包皮は自然にむけることが一般的です。
ただし日本人の場合には大人になっても亀頭が完全には露出しない仮性包茎(かせいほうけい)や、無理にむこうとしてもむくことができない嵌頓包茎(かんとんほうけい)などの人が多く、根本的な治療としては手術が必要になります。

包茎の手術は嵌頓包茎の場合には健康保険が適用される可能性がありますが、仮性包茎には適用されないため費用全額を自己負担することが必要になります。
手術は泌尿器科などで受けることができますが、一般病院ではあくまでも治療の一環として手術を行うため、傷跡が目立ってしまったりすることが多いようです。
包茎の手術は専門クリニックで行うのがおすすめだといえるでしょう。
経験豊富なドクターが丁寧に施術を行いますので、傷跡が目立たない自然な仕上がりを期待することができます。
溶ける糸などを使用すれば通院の必要もなく、さらにプライバシーにもしっかりと配慮されているのです。
包茎手術に必要な費用は、10万円から15万円程度が平均となります。

“包茎手術の治療に必要な費用は?” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です